正しい褒め言葉の原則を知ってますか?

どんなにうれしい誉め言葉であっても、それを受けとる側の人の気持ちを理解していないと
嬉しい?
皮肉?
と受け取り方も異なってしまいます。
多くの場合、漠然とした誉め言葉よりもい、自分のどの部分が良いのかを細かく具体的に褒められたほうがより嬉しいものです。

例えば
「あなたは素晴らしい」
と褒められるよりも
「今のお客さまへの対応、親切さがにじみ出ていてよかったよ」
「頼んでいた仕事、君に任せて正解だった。ありがとう 助かったよ」
「君の魅力はまさに発想力だな。いつも新しいアイデアを出してくれてありがとう」
などのようにより具体的な誉め言葉のほうが受け取る側にも嬉しく感じます。
やっぱり具体的な誉め言葉だとただのおべんちゃらとは違いますからね。

これと同様に誉め言葉で気を欲しいのが「事実」を褒めるということもあります。
事実とは異なる点mを褒めるのはただのお世辞であり受け取る側も「皮肉」と受け取りがちで逆効果にになりあmす。
結果としてその相手との人間b関係にもひびが入りかねません。

また相手に合わせて褒め方も考えないといけません。
会社でもポウライベートでも子育てでも
私は
「相手を決してけなしたりしないし」
「常に相手の良いところを褒めている」
という自覚おある人ほど要注意です。
それは
自分では褒めているつもりでも、相手は本当に誉めれていると感じないこともあるからです。
自分は褒めているつもりでも
皮肉
嫌味
と受け取られている場合も少なくないのです。
褒めるのもコミュニケーションのひとつですし、コミュニケーションとは相手にきちんと伝わってこそ初めて成立します。
褒める時は相手の性格や今の状況や立場に応じた褒め方をしないといけないのです。

しかし、そうはいっても恥ずかしがり屋が多いのが日本人です。
「俺は褒めるのが苦手だ」
「口先で褒めても嘘くさい」
という方も多いんです。

しかじ、言葉で伝えない限り態度で相手を褒めるなんてなかなかできることではありません。
今の時代
若い方と古い年配の方ではかなり感じ方や考え方も異なるのです。
以心伝心?
それは今の時代は死語に近いものと考えなければなりません。
豚もおだてりゃきに登る
優秀な上司や優しい親ほど褒めるのが上手なんです。
ソラノメ 口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です