細切れ時間をうまく活用する人は仕事が早い

仕事が早い人はうまく細切れ時間を活用しています。
なぜならそうしないと仕事がこなせないほど上司や同僚からなにかしらちょっとしことをよく頼まれてしまうからです。
また顧客からの相談や問い合わせの電話などが入ることも多く、ひとつのことに長い時間集中することはなかなか無zかしいからです。
2時間も3時間もひとつのことに集中して取り組むことは仕事のできる人ほど難しいのです。
だから細切れの短時間でもうまく集中して仕事ができるやり方を身に付けておかなくてはならないのです。

しかし集中するのに10分も20分もかかっているようではそれも不可能です。
その間に誰かにまた声をかけられたり電話がかかってくるからです。
少し空いた細切れ時間をいかに素早く集中して死後tができるようにするか?
これには各個人差があり、みなさんいろいろとクフされていあmす。

集中して仕事に取り組んでいると思わぬ副産物もあります。
それは意外と集中して仕事をしているとその集中モードのオーラがにじみ出てまわりは声をかけにくくなるのです。
だからこそ、いかに集中モードに持っていけるかが重要なのです。
たてばパソコンでキーボードを打ち出すと結構集中できる方も多いでしょう。
周りに人がいる時が散って集中できない?
そんな方は空いている会議室に移動して一人で仕事に集中するのもお勧めです。
うるさいところよりは静かな会議室はうってつけです。

ある私の知り合いは、いつも一人で欄理に行きます。
そのお昼のランチを早めに切り上げて喫茶店で30分間 資格の勉強に当てました。
とにかくその30分だけは集中するために携帯の電源も切っていました。
とにかくその30分だけ集中して資格の勉強する
そう決めて1年弱
なんとその方はその資格を一発合格してしまいました。
1日30分だけでも集中できおる時間を持つことはとても大切です。、
あなたの細切れ時間を探してみて、集中できる仕組みおつくりも考えてみませんか?
腕時計 レンタル 貸す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です