リモートワークの仕事だからこそ公私混同をしない決意が大事

コロナ禍においてリモートワークが増えてきています。
しかし、だからこそ仕事に置いて「もの・情報いb・空間」の公私混同をしてはいけません。
「公私混同」とは、仕事にプライベートな部分を持ち込まないということです。
このリモートワークだからこそ慣例化してしまっている悪臭はありませんか?
どこまでが許されて?どこからがアウトなのか?
公私混同のボーダーラインはどこなのか?
意外とその線引きは簡単ではありません。
それは職種や仕事の内容で大きく変わります。
まあそのあたりはみなさんの常識や良識にそって柔軟痛いそうすればいいのですが、やはり人間の意志の力は弱いものです。
「誰も観ていないから」
とすぐに悪習慣が身についてしまいます。

どうすれば「仕事の環境にプライベートを持ち込まない」ようにできるのか?
一度考えてみてください。
例えば
家での携帯電話
個人的なメールやSNS
個人的なインターネットサーフィン
長時間大チャベリ
煩雑な離席
これらは勤務時間という公的な時間を自分のために利用していることになります。
仕事用のパソコンにプライベートな情報を入れたり。
会社や仕事の内容を友人に話したり
これも公私混同と言えます。

リモートワークであっても仕事は仕事です。
仕事である以上、プライベートとはきちんと分けて切り離すことはあたりう前なことなのです。
当たり前だけど「つい」「知らないうちに」やってしまうのがリモートワークでの公私混同です。

意外とリモートワークってむずあk市くありあm線化?
なかなか「仕事とプライベートのスイッチの切り替えも簡単ではありません。
外出もしないので、ついつい着替えもせずパジャマで仕事していませんか?
だらだらとしてしまっていては仕事の効率も上がりあm線。
リモートワークだからこそ仕事の効率化ややる気スイッチを入れる方法を自分自身で探さなければなりません。
それはなんでもかまいません。
犬の散歩
お買い物
仕事をする机の上の整理
決められたルーティンできちんとリモートワークをこなしてください。
サイン 作り方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です