教育とは・・・

私の田舎では公立小学校→公立中学校→公立高校→就職及び一部優秀な人のみ大学進学。

これが一般的でした。受験と言えば高校に向けての受験がみんな初めての受験が大半でこれを失敗すると人生がガラッと変わってしまう事になっている。
だけど、たかが高校受験であって夢があるならばどんな所からでも挑戦できるはずなのに何故か残念と言う空気になってしまう。
地方から都会に出てきてその認識が田舎特融な考えだと思い知らされた。
高校の数も違うし、偏差値も特色も選び放題でそこから這い上がって夢をかなえる事もなんら不思議ではない世界で一種のカルチャーショックを覚えた。
本命に落ちたから諦めるなんて考えてないし、滑り止めの数も半端ない。田舎では滑り止めはせいぜい2校(高校の数もかなり少ない)
本命(公立高校1校)計3校の受験で人生を決めなければいけない。
なにか教育が間違っているように感じる。だけど子供の数が少ないのに高校だけを増やせ!なんて事が言いたいわけではない。
私立が滑り止めで公立が本命と言う地方の価値観を変えることはできないのだろうか。

都会では、公立高校が滑り止めで教育の深さから私立高校を本命にしているのが大半だと聞いた。

どちらが良いというのではない。その大人の価値観が子供の人生を左右していると思う。
実際、我が子はスポーツで私立に入った。周りからは「残念だったね」と謎のエールをもらったのも事実。
その時は意味が解らなかったけど後々その意味がわかった。本命落ちて滑り止めに行ったのね。と大人の世界では認識している事だった。
大人がその価値観ならその子供はもちろんそうなるでしょう。落ちたら残念な組として扱われるこの時代。
だからあたしの時代でも本命落ちると実際人生が激変した同級生を何人もみた。

狭い世界の、狭い選択肢の中で生きていくのは過酷でしかない。そんな時代を変えていきたい。もっともっと他にはいろいろな選択肢があってどのスタートラインから始めても叶えられると思える世界でないといけないと思う。這い上がってくるのは大変かもしれない。でも上ってくる忍耐も精神力も仲間もいれば可能ではないかと思う。そして乗り越えた子にだけ強さを与えてくれると思う。家庭教師ファースト 不登校

リンゴでの失敗

リンゴについてはいろいろ失敗していることがあります。 まだ乳歯だった頃に友達の家で採れたばかりのリンゴをおやつに出された時に、少しぐらついていたのを忘れてその当時ちょっと珍しかった青りんごを思い切りかぶりついていたら奥歯に(グリッ!)と鈍い音と痛みが…はい、しっかりと抜けました。
その日のうちにもう一本抜けてその歯は友達の家の屋根に投げさせてもらい、お土産にいくつか貰いましたがしばらくの間は固いリンゴを食べるのを躊躇する日々。

少し経った日に改めて食べた…のですがその数日前から糸切り歯のすぐ隣の歯が痛み出してきて、(ちょっと痛いけど…この間みたいに抜けるかも)と安易に思っていた私はリンゴに勢い良くがぶっと…いったところで激痛が走り、「んぐうっ!」とたまらずリンゴから口を離すと真っ赤な血が…「うわ…」自分の血に思わず引きましたが肝心の歯が、無い?

口の中にも残っている感触無し、どうやら痛みとともに飲み込んでしまった模様。他の乳歯は何らかの形で抜けて自分で確認して処分しましたが、後にも先にも飲み込んでしまった歯はこの一本でした。

ある日古本屋で料理本を適当に斜め読みして、「リンゴは肉料理ととても相性が良い」の一文を見て早速リンゴとポークソテー用の豚肉を購入してまずリンゴを一個丸ごとすりおろしてバットに入れ、そこに豚肉をろくに下ごしらえもしないまま投入。下味をつけていない事に慌てて気づいて味塩胡椒を追加、もう一個のリンゴをくし形切りにして見栄えも全く考えずに適当に上に乗せてそのままラップもせずに20分冷蔵庫に放置。何を思ったか途中で申し訳程度にリンゴの上から砂糖とレモン汁、何故か「これもどうかな?」とバニラエッセンスまで入れてしまい…バニラ臭くなってしまった冷蔵庫もお構いなしに寝かせた豚肉をフライパンで焼いてみたのですが…
やはりというか、リンゴ自体も見切り品であった事も手伝い酸味を含めて味に全くパンチが無く「ただただ甘くてバニラ風味の砂糖漬け肉」になってしまい、捨てるわけにもいかず敗戦処理気分全開の状態でなんとか食べきりました…

青森りんご 格安

価値観が似てればうまくいく

婚活サイトで理想の相手に出会うには自分の価値観を明確にすることが大切です。
きちんと条件を決めて、条件に当てはまる相手にお会いすると、相違点があったとしても尊重し、受け入れることができるからです。
私は婚活サイトに登録し、どんな出会いがあるかわからないので、とにかくどんな人でもメッセージをのやり取りを行い、積極的にお会いしてきました。
しかし、それは時間も体力も奪い、すぐに消耗してしまいました。
そこで、作戦変更し、「自分はどういう人のこと好きになってきただろう。どういう人なら尊敬し、結婚したいと思えるのだろう。」としっかり考えて、紙に書きだしました。
例えば、
・どんなに素敵な人でも最終学歴は大卒以上じゃないと尊敬できなくて話を聞いていられなかったなぁ(失礼)
 →最終学歴:大卒、大学院卒
・身長は175センチ以上ないと「きゅん」とできないなぁ
→身長:175センチ以上
・親に孫の顔も見せたいし、子供は絶対に欲しい。2人くらいはほしいな。
→子どもはほしいか:はい
・子供ほしいし、ライフプランを考えると、年齢的に2、3年のうちには結婚しないといけない
→いつまでに結婚したいか:2、3年のうちに
・趣味の理解がほしいなぁ
→オタクの時間が欲しいなぁ
と、ここだけは譲れない所を決め、それに当てはまらない方とは一切連絡は取りませんでした。

ここまで聞くと、「いや、そんな人そうそうすぐ見つからないし、素敵な人取りこぼすかもしれない」と思う方もいるかもしれません。
しかし、もしかして…と自分の条件を下げてメッセージのやり取りをし、お会いしたとしても、結局そこがネックになって付き合うまでに至らないことが多いです。
私はそうでした。
付き合って、「他に素敵なところがあるから」と妥協して結婚の話に進んでも、友人や家族から反対が来ることも多いです。
なぜなら、自分の周りには自分の価値観に似た人が集まってくるからです。
理解できない友人っていつの間にか距離をとって、連絡さえもしなくなりますよね。それと同じです。
結婚してうまくいっている人たちは価値観の合致が必須です。
金銭感覚や友人との付き合い方、休日の過ごし方などは特に重要なポイントです。
結婚する前、お付き合いしたときの初めのほうに話しておくのがベストです。

私は主人と出会った際は、自分の条件に妥協せず活動していたらすぐに出会い、すぐに交際がスタートしました。
そして、1年ほどで結婚することになりました。
それは条件に合わない人と出会わないことで消耗されず、楽しく過ごせていたから、より良い自分をアピールできたと感じています。
また、私は実は自営業の人と結婚したかったのですが、主人はサラリーマンでした。
しかし、金銭感覚や友人や家族に対しての価値観が似ていることから、彼のことを理解したいという気持ちが芽生えて、(愛ですね…)
彼がサラリーマンだとしてもそういった生き方を尊重したい、支えていきたい、と思えるようになりました。
今では、フリーランスを目指す私を応援してくれて、彼自身も副業して稼いでいきたいと言ってくれています。
これは価値観が似ているからこそ、目標が重なっていくのかな、と思います。

今、私たちは結婚3年目ですが、彼のことが本当に大好きで、幸せです。
恋愛にオタクとかそういうのは関係ないんじゃないかなと思うようになりました。
オタク 恋愛
自分の価値観を大切にして婚活することで、素早く幸せをゲットできます。
価値観を明確にして、婚活しましょう。

ささみサロンの内容が知りたい方はこちらから!

  • ささみサロンについて知りたい
  • ささみサロンの体験談が知りたい
  • ささみサロンで本当に稼げるのか
こんな疑問にお答えします。 まず初めにささみサロン運営者のささみりんさんについて知っておきましょう! ささみりんさんは奈良県出身で牡牛座 2010年に脱サラして、2011年に会社を設立 アフィリエイトジャンルは金融系を得意とし、月に1000万円の収益を上げる実力者 その後、金融系から離れ、コンテンツSEOで月に300万円、2019年にささみサロンをオープンしました。 ささみサロンでは自身のアフィリエイト手法を惜しみなく教えています! サロンは脱社畜、脱アフィリエイト、脱フローを目指し、コミュニティ型ビジネスを展開しています。 全国の新米アフィリエイターに、アフィリエイトの楽しさと厳しさを教えています。 2010年に脱サラ 2011年に法人化 2012年に単月1000万円 2013年にペナルティで全部吹っ飛ぶ 2014年にコンテンツSEOで単月300万円に回復 2015年にメルマガ事業を発足 2016年にメルマガから単月100万プレイヤーを排出する 2017年に育児休暇を取り家族サービス 2018年にアフィリエイト業界に復活 2019年にささみサロンを立ち上げる 2020年にささみサロン会員数が累計500人を突破する 2021年ますますささみサロン爆進中です。 この経歴を見ると、挫折を味わっても倒れない不屈の精神を感じるのではないでしょうか? 1000万のサイトが吹っ飛んだら普通は立ち直れません(笑) そんな苦労も重ねながら、アフィリエイターとして過ごした10年はまさに凄いとしか言えません。 アフィリエイトは、正しいやり方をすれば稼げると言うお手本のような年表だと思います。 ささみりんさんが得意としているのはペラサイト、コンテンツSEOとコミュニティビジネスなど多岐にわたります。 今からブログを覚えようと思っている方も、ささみサロンのに入れば間違いなく稼げるでしょう。 ささみサロンの詳しい内容が知りたい方は下記のURLからご覧ください。 https://sasamirin.net/