公開履歴
血圧測定器

高血圧を抱えている人はそうではない人と比べると頭痛を症状として生じやすいとされており、実際のところ高血圧の人の中には毎日頭痛で悩まされているというような人がかなり多くいます。
ただこの頭痛と言うのは非常にポピュラーな症状ではあるものの、その原因、仕組みについては今一つ解明されていないのが実情です。
そのため高血圧を抱えている人になぜ頭痛が起こりやすいのかということについても、確実とされるような理由はまだ無いのです。

とはいえここまでの研究で「おそらく原因だろう」とされることはいくつか明らかになっており、まず多いのが「脳の血管が拡張されることによって神経が刺激され、頭痛が生じる」ということです。
高血圧症状を抱える人は血圧を下げるためにノルバスクやコバシルなどの降圧剤などを服用することが一般的ですが、これを呑むと一時的に血圧は低下することになります。

しかし薬の効果が切れると血圧は再び元の水準に戻ってしまい、血圧が高くなることで血管が拡張されてしまうのです。
血管が拡張すると本来であれば刺激されないはずの神経が刺激され、それによって体が異常事態だと判断してシグナルとしての頭痛を生じるとされています。
またこの場合はそこまで問題にはなりませんが、これよりも重要なのが高血圧脳症です。

これは高血圧によって脳の血流が異常なまでに増大した結果、血管から血漿が染みでて脳にむくみを起こす病気です。
そうなると頭蓋骨内部の圧力も増加することになって強い痛みを生じます。
症状としては吐き気やおう吐などに加えてけいれん、意識障害などがあり、放置していると脳出血や腎不全、心不全により死に至るリスクもありますので、もしこうした症状が見られたというようであれば速やかに救急車を呼んで必要な処置を受けるようにしてください。